彗星の子ども

ほんとどうでもいいことと私信を主にくりだすページ

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
伝わらない
 言わなきゃ伝わらない。
それは当然なんだけど

でもこの世にひとりくらい、
言わなくても気遣ったり相手してくれる存在がほしいよね。

今いなくても、過去にひとりでもいればきっと救われる。

わたしなどよりも不憫な子どもが増えたよねえ・・
この先どうなっちゃうのだろうか日本・・
| - | 18:54 | - | - |
きみの運命が泣いている
 詩を書いたりすることが、私のリラックス方法だったんだなと今思う。自然や、音色や、作品から詩想を得ることが。うつくしいことばは好き。もっと言えば、うつくしい響きがすき。音楽にも通じるよね、お経もそうだなあ。

たぶん私セロトニンの分泌が少ないよね。だからすこしストレスがかかるとすぐへばっちゃう。セロトニンが出てるときは、第二のエンジンがかかってる。どうやったら分泌が増えるんだろう。


関係ないけど、新しい日曜朝8時はすごいな!ある意味!
おもわずDASEEEEEEEEってさけんじゃったけどネタとしてはインパクトあるんじゃないか。洗脳されそうだよ。しゅびどぅびだったへんしーん♪
| - | 17:04 | - | - |
めはみっつあるか。口は裂けてふたつあるか。
 だれかが、だれかを想う、せつないきもちを想像するのがすきです。人間である以上、きたない感情だってきっとある、けれど、やっぱりきれいなぶぶんだってあるんだって信じたい。

--------

あんたはきっとぼくににている。
そう悟ったとき、知ったとき、あんたはおれがずっと守るんだと決めた。

だれよりも強く鮮やかで、だけどだれより冷たく昏い孤独を隠してる。
冷酷なふりをして、けれどだれより感情的で。

-------

ああちがう、彼の矛盾を昔ほどうまく表現できない。
あれほど正反対な二つの特性を併せもつひとを私はほかに知らない。



関係ないけどナプキンポーチを作りました。満足。
今までナプキンをむき出しで持ち歩くがさつな人間だったよ。反省する。
| - | 01:40 | - | - |
昨日
 化粧品カウンターに行って、肌状態をチェックしてもらいました。
そうしたら3・4年くらい前の時の結果よりもあきらかに状態がよかった。かなり勇気づけられた。(前は油分も水分も不足だった)(今回両方OK)

強烈なふつうのファンデは時々でがまん。。。
強烈なふつうのクレンジングは使わない。。。(石けんか天然油でおk)


挫けそうなときもあるけど今のお手入れ方は間違ってないたぶん !
ふつうのファンデつけたらきれいな肌にみえるんだよなーでもGA☆MA☆N
| - | 22:46 | - | - |
やりたいをものさしに
 めけさんのブログを見ながら、やっぱり似てるなと思ったり、でもやっぱり違うな、と思ったり。笑

とにもかくにもこっち側に連れてくると決めたんだから。文面をみるに、かなりいいかんじにみてとれます。おそらくこちら側にきためけさんは、私と違う部分が大きくなるだろうなという気がしています。でもそれは、悪くない気分^^

人間生きていれば次の悩みが生まれてくる・・・だけど昔より私が生きやすいのは、土台大改修をしたからというのは間違いない。あと、人間との関わり方を勉強しに、県北に通えているのは私にとって大きい。

もっとさらに生きやすくなりたいのよ。私は、
| - | 16:37 | - | - |
泉を守る者

泉を守る者へ
楽になる方法がある
きみが知るとおり
泉を捨てて俗物になること
泉はある種プライドである
じぶんがとくべつであるということの
個性的だということの

泉を捨てるということ
俗物であることを甘んじてうけるということ
それはとても難しくすごいことだ
証がなくとも自己を保てるということ


それは荒野のおおかみの葛藤
彼は俗物になりきれず
荒野のおおかみのまま死を選んだ
証は冷たくて重い


泉をだれかに明らかにして
手放してしまうことだ
それは本当にすごいことだと
ぼくはしっている
泉を守る者へ

| | 03:02 | - | - |
星に願いを
 またすぐ働きにでるかもしれないけど、今のところ主婦一年生です(わあ・・・)

母は働いていたので、主婦の実像がはっきりせず、いまだに虫コナーズのイメージしかない。

でもどうせやるならちゃんとやりたいし、スキルアップしていきたいのは仕事とおんなじ。
目指すところを自分で探り当てないといけないのがしんどいところ。
いつものごとく書きながら整理しよう。


主婦のいいところ

・自分のペースで作業ができる
・一人作業のため、人間関係等のストレスが少ない
・できてない、下手=叱責を受ける、ではない(外の仕事では悪い評価を受けたり責められたりする)

主婦の悪いところ

・すべて自分でノルマ設定しないといけない
・人目に晒されないので、評価を受けることは稀。やるのが当然の、奉仕の世界。はりがない、ともいえる。



これを見ると、いい面と悪い面が表裏一体になっているよう。

人間関係や能力の面でストレスがない代わりに、評価を家族以外からは受けない。やらなくても叱られない代わりに、がんばっても評価を貰えないことがままある世界。(料理は頑張れば「おいしい!」の褒美があるので花形仕事です^^)


この職種でプロになることができるのは、相当自律の精神が強い、奉仕の精神をもつ人だと思う。外での仕事と違い他からの抑制がないので、誘惑に負けず極めようとするつよい心が要る。

また、褒められる、給料がもらえる、ありがとうといってもらえるなどの褒美がなくても、「家族のためなら」と働ける、本当の意味での奉仕の心が必要だと思う。


うーん。。第一段階終了。続くかも。
| - | 18:29 | - | - |
最近思うことじぶんメモ
 気分転換がへたです。わたしが二人いたらいいのに!ってよく言うけど、ふたりいたらふたりとも苦しんでるだけでまったく状況変わらないに一票。


自分の意見がないままに、人の顔色を見つつ過ごした時間が長かったために、自分の思いが薄いです。わたしはこうしたい、わたしはこう思う、を育てていきたい。


去年の目標
○「選ばれる」人間ではなく「選ぶ」側の人間を目指す。(→自分 から 自分→人 に)(自分の主人は自分)

今年の目標
○思いを形にする
○段取りをつける
○感情(悲しい、いやだ等)の理由を自分で把握して、言葉で相手に伝える

できるようになったこと
○頼る、相談する
○できない、わからないことは恥ずかしいことではない→人に聞いて、自分でできるようになることを目指す。
○意見を否定されても腐らない。

これから・・・
○気分転換、気持ちの整理うまくなる
○じぶんの意見(思う、したい)をできるだけもつ
○どうしたらいいかわからないことを先送りにしがちなのを改める。
○グレーゾーンに耐えられる精神力。汗
| - | 12:12 | - | - |
寂しさの森
 ぼくのなかに
ちいさな泉があって
そのなかにはいつもきれいな水と光が
きらきらとあふれている


泉のまわりは
鬱蒼とした森で
孤立した空間
森のむこうがあるのかどうかも
どうだろう
わからない


ただここには
友達が訪れる
動物もいるし
一人ではない
しかし夜になると
生物は帰って行き
ぼくの泉はきらきらと
いっそう強くかがやくのだった


ぼくは泉をまもっている
ぼくがしあわせなとき
泉はきれいになる
花も咲くだろう


けれどこのさみしさはなんだ
このこころの穴は
泉はこんなにもうつくしく
世界は綺麗なのに

これはぼくの
さみしさの泉

| | 14:47 | - | - |
現実
 はいはい。現実ですよ。いつまでも宇宙にとらわれてるわけにいかなくなりました。


7月に山である料理大会(ざっくりした説明^^)のまとめ役をすることになったので、少しずつ料理を作っています。毎日できたらいいんだけどね・・・・初めてのことには取りかかりがおそい私・・・・・;


パンの要領で作る、米粉ボールの担当になったので今日こねこねしてみた。

む つ か し い


まず目分量を封印しようと心に誓ったのであった
1グラム以下まで細かく量れるはかりを買って出直してきます先生!!!!!!!!!
| - | 21:24 | - | - |
<< 2/31 >>